年寄りの想い

写真に想いをのせた日記帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホトケノザとヒメオドリコソウ

08himeOdAG02XXX.jpg





最近、ブログ巡りしていますと、ホトケノザの咲きだした案内記事が多く見られます。
此処では「ホトケノザ」の名の謂れやその関連記事と、花の画像が紹介されています。

10年以上もの昔、私を写真の世界へ誘ってくれ、先導してくれたのは、この花を含めた野の花でした。
懐かしい思いで拝見しています。

野の花の理解者を除くと、野の花は一括して「雑草」と呼びます。
畑などに侵入して群生したりするからです。





08hotokeAG04XXX.jpg




似た花で、同じ時期に咲く花に「ヒメオドリコソウ」があります。

花をマクロでみると似ています。

この二つの野の花は共に、シソ科オドロキソウ属の花ですから、似ていて当然なのでしょう。
花は共に、赤紫色の唇形花です。

上はヒメオドロキソウ。下2枚はホトケノザです。

大きな違いはヒメオドリコソウの葉は先が尖っていますが、
ホトケノザの葉は丸く、それに葉は段差を着けいて、茎を抱くように着きます。


これらも、10年近く昔、撮った画像です。。
背丈が低いから、アングルファインダーを用意してはいましたが、不器用で旨く使えこなせず。。
ビニールシートを敷いて、腹ばいになって撮っていました。




08hotokeAG06XXX.jpg

















にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/20(日) 05:00:00|
  2. アンジェ

ベニバナユキヤナギ

08BeniYuAG09S.jpg


花にも、強く惹かれる花もあれば、若干軽視傾向の花もあります。

最近の3年位は、軽視傾向の花が、私のブログから消えて居ます。


好きな花は定番と称し、花の咲くころは下見をしたりして、盛期を見逃さないようにしています。
其れが出来なくなると、不快な緊張感が出てきます。辛い気分になります。


08BeniYuAG04.jpg


べの花ユキヤナギが其の範疇に入って居ました。

盛期を見逃せば、美しい花に失礼です。
盛期に撮れなかった花は載せずに来ました。
(盛期は「花の美しい時期」を指しています)


08BeniYuAG02.jpg


今年も、実は見逃しました。
普通のユキヤナギより2週間ばかり開花が早いようです。
1枚、色調の違った画像が今年のもの。残りは過年度のもの。


蕾の頃は鮮やかな紅色。花が開いても、淵に紅が残る。やがて、紅が消えて白い花弁となる。

添書きのため、検索で確認しようとしましたら、古い私の記事が出て来ました。古くからの友達です。
今年載せなかったら。。。の想いが先行しました。


13BYukiyanagiAG_06.jpg

JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
















テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/28(木) 08:40:29|
  2. アンジェ

秋の花4種

12amejist-seiji_03.jpg


11月3日、京王西洋庭園アンジェに「ヒメツルソバ」を撮りに行った同じ日に、この庭園で咲いていた、晩春に咲く花々4種を投稿します。

上)はお馴染「メキシカン・ブッシュ・セージ」。
60CMから1.5Mにまで茎を延ばし、細い花穂が花となり、赤紫の美しい色彩。
ビロードのような感触をしています。シソ科の花。
夏の終わりから、秋一杯咲き続けます。

別名:サルビア・レウカンサ。アメジスト・セージ。



12M_huyoAG_03.jpg


赤い大きな花は「モミジ・フヨウ」
葉がモミジの葉に似ているからと、名付けられたと言われています。

普通のフヨウに比べて花は大きく、同じ仲間のハイビスカスと見間違うばかりです。
樹は1Mから2M。アオイ科の花。


12abutilonAG_24.jpg


上)アブチロン(チロリアン)ランプ。

花期:5月11月。

一番上の赤い額の下に黄色く見えるのが花です。
他は蕾ではなく、咲き終えて、実になる過程にあります。(投稿者は詳細を知りません。添書きは参考までに)

繁殖力強く、「嫌われもの」扱いされている半面、園芸店での販売は好調。
花を楽しんだ人は後始末をチャンとするといいのですが。。。


下)ガマの穂。

ガマ科ガマ属の多年草の抽水植物である。円柱状の穂は蒲の穂と呼ばれる。

穂の上半分は細く、雄花が集まり、開花時には黄色い葯が一面に出る。風媒花である。
雄花も雌花も花びらなどはなく、ごく単純な構造になっている。雌花は結実後は、綿クズのような冠毛を持つ微小な果実になる。

この果実は風によって飛散する。(飛散の状態は「続きを読む」に入れました)


12gamano_hoAG_06.jpg


JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村















続きを読む

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 09:05:34|
  2. アンジェ

ヒメツルソバ

12hime_T_sobaAG_06.jpg


金平糖のような花。
道端や空き地の隅に咲いている花。
群れで咲いていると目立ちます。何方も一度はご覧になっておいでと思います。

この花はヒメツルソバです。


1206mizosoAG12.jpg


何処ででも見られるので、写真に撮ったり、名前をご存知の方も多いでしょう。

タデ科。原産地はヒマラヤで明治時代に日本に入ってきたようです。

背丈10cm~15cm。花徑1cm~1.5cm。花期4月~11月。
這うように広がっていきます。

匍匐してと地面を覆うので、グランドカバーとして有効。


IMG_8137S.jpg


上2)を除き3枚は11月3日京王西洋庭園アンジェで撮りました。

霜が降れば、地上部分は枯死。しかし、土地が凍結しなければ、根は生きていて、翌春、新芽を出す。

尚、気温が下がってきますと、葉が紅葉します。

群れで咲いている場合、霜が降りるまで、周辺が草モミジの様相となります。(上2、2006年11月18日)


12hime_T_sobaAG_03.jpg

JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村















テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/13(火) 06:00:00|
  2. アンジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:59

シュウメイギク

10-12syuumeiAG_15R.jpg


シュウメイギクは今が盛りか、地域によっては盛りが過ぎたかも知れません。

晴れた秋空が広がる日、長閑な空気の中に似合う花。
首をすっと伸ばして、見目麗しく、当に秋の美人の一人です。

毎年撮っていますが、その都度、美しい花を美しく撮れない悔しさを味わいます。


12syumeiGAG_06.jpg


この花「秋明菊」は古く中国からやってきた帰化植物です。
日本最古の園芸書「花壇綱目」(1681年)にその名が載って居ます。

「菊」の名がついていますが、菊ではなく、アネモネの仲間「キンポウゲ科」の花です。

ご存知と思いますが「キンポウゲ科」には「レンゲショウマ」「ニリンソウ」「セツブンソウ」「クリスマスローズ」がいて、名高い美花集団です。

花に見えるのは「ガク」、ホントの花弁はないと言います。
そんな花は他にもありますが・・・納得しがたい思いが残ります。

10月19日。京王西洋庭園「アンジェ」で。


12syumeiGAG_03.jpg

JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

















テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/11(日) 06:00:00|
  2. アンジェ
次のページ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

ijin

Author:ijin
1933年大阪市生。1958年以降首都圏で生活。現在八王子市在住。
1995年退職。
写真撮影が唯一の趣味。
付随してパソコンや旅行も少々。
2002年大きく体調を崩し、
近隣が主なフィールドで、
無理のない条件で楽しんでいる。
カメラはCanon EOS-60D。
散歩には重く感じるようになったので、2014年M2を調達。
まだ、使いこなせない。

ホームページ:ijinの写真日記

2009年7月以前の記事:年寄りの想い

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

長池公園 (67)
神代植物公園 (24)
薬師池公園 (30)
昭和記念公園 (55)
東京薬科大学薬草園 (30)
公園めぐり (66)
散歩の風景 (87)
いつもと違った散歩道 (39)
お寺・神社の風景 (14)
アンジェ (16)
旅先で (72)
動物、鳥、昆虫 (45)
イヴェント (4)
室内 (13)
その他 (19)

最新コメント

最新トラックバック

よくお伺いするブログ

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2カウンター

Lovelogからの継続編集

信州でお世話になるペンション

北八ヶ岳八千穂高原
banner001.gif

白馬村八方山麓
logo03.gif

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。