年寄りの想い

写真に想いをのせた日記帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松原湖

IMG_6097S.jpg


八千穂高原からの第2回目の報告。 松原湖。

八千穂高原(標高1700M)から県道480号線を30分余下ると、隣町小海町の松原湖に着きます。

毎年、似た写真ばかりで恐縮ですが、視点を変える自信なく、毎年同じ場所に立ちます。


IMG_6065R.jpg


この湖の美しい光景は、朝、東から日が差し込む時間帯に見られます。

上1)は東からみた光景で、背後の八が岳を写し込むと同時に、湖面にも逆さ八が岳を入れようとしたものです。
この日はさざ波が立って、湖面は鏡面とならず、意図は表現できていません。


IMG_6053R.jpg


上から2と4と5)は6時40分頃、東から日が差し込み始めた時間帯です。
湖の南から撮ったものです。

湖には葦(ヨシ)の塊が3か所あって、このヨシの群れに、朝日がスポットで当る光景は何時見ても綺麗だと思います。(下)


IMG_6082S.jpg


画像の中のボートはヘラブナ釣りの舟です。

夏、気温が上がると、東京など、平地ではヘラブナは餌を追わなくなりますが、此処松原湖の水温は低く、ヘラブナは、夏でも餌を活発に追います。

夏休みを利用したり、週末を使って、ヘラブナを求める人は、東京、埼玉、静岡等から朝早く、車で到着します。
湖畔の宿で宿泊も可能です。


IMG_6066S.jpg


例年なら、この湖畔に咲く花、ヤナギラン、コバギボウシ、コオニユリ、ヤマユリも撮って居ましたが、

今年は訪問時期が遅く(8月16日と20日)花の時期が過ぎていました。

水温が低い所為でしょう。水泳する人は見たことがありません。

此処は標高1100M位、日中でも木陰なら涼しいのです。

読書の好きな人ならベンチに座っての読書もよし、横になっての姿勢でも好いでしょう。
飽けばヘラブナ釣りを眺めていているのも好いでしょう。


IMG_5849R.jpg

JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
















関連記事
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/30(火) 08:37:22|
  2. 旅先で
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:56
次のページ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2012年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

ijin

Author:ijin
1933年大阪市生。1958年以降首都圏で生活。現在八王子市在住。
1995年退職。
写真撮影が唯一の趣味。
付随してパソコンや旅行も少々。
2002年大きく体調を崩し、
近隣が主なフィールドで、
無理のない条件で楽しんでいる。
カメラはCanon EOS-60D。
散歩には重く感じるようになったので、2014年M2を調達。
まだ、使いこなせない。

ホームページ:ijinの写真日記

2009年7月以前の記事:年寄りの想い

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

長池公園 (67)
神代植物公園 (24)
薬師池公園 (30)
昭和記念公園 (55)
東京薬科大学薬草園 (30)
公園めぐり (66)
散歩の風景 (87)
いつもと違った散歩道 (39)
お寺・神社の風景 (14)
アンジェ (16)
旅先で (72)
動物、鳥、昆虫 (45)
イヴェント (4)
室内 (13)
その他 (19)

最新コメント

最新トラックバック

よくお伺いするブログ

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2カウンター

Lovelogからの継続編集

信州でお世話になるペンション

北八ヶ岳八千穂高原
banner001.gif

白馬村八方山麓
logo03.gif

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。