年寄りの想い

写真に想いをのせた日記帖

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

薪割り

13maki_wariYH_18X.jpg


今年8月私が信州八千穂高原に避暑していた時、ペンション奥の空き地で、オーナーとお客が薪割りをしていました。

私も明後日に帰宅する8月29日の午後。


13makiwariYH_12X.jpg



このペンションはスキーを楽しむ方々のために、用意された宿泊施設で、夏の混雑はそれ程多くはありません。

薪は冬室内暖房ために暖炉に燃して使います。国有林で伐採したカラ松や、嵐で倒れた樹木が売りに出るそうです。

使いやすく、細かく切ったり割ったりするのは買主の仕事。作業までは、天日や自然条件で、木材を乾燥させます。

斧の使い方も難しく、腰の安定が保てないと、狙う処に刃が真直ぐに落ちません。

このお嬢さんは美大生。お父さんは剣道の使い手だそうです。



13makiwariYH_15X.jpg

JWordクリック募金

好いなと思って、頂けましたら
クリックをお願致します


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村















スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/24(木) 16:25:42|
  2. 旅先で
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27
<<松原湖の釣り | ホーム | 御射鹿池(ミシャカイケ)>>

コメント

ijinさん

一枚目のお写真

緑の濃淡の中にある光
それが都会の盛夏の輝きとは異なることがよく理解に及びます
柔らかな光の中
薪がまるで森林の中のオブジェのように存在しているようです
薪は実用性のあるものであるのに
何故か 自然の中にあってそれは芸術性をおびています
薪の大小
薪の長短
それらの薪の積み方までもが素敵です
実用性にあるものが 芸術品のごとく見えること
信州八千穂高原の自然のなせる技かと思えます
  1. 2013/10/24(木) 19:14:54 |
  2. URL |
  3. 香月 りら #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

薪割り、懐かしいような微笑ましい写真ですね、
信州の高原のペンションの暖炉で赤々と燃える薪、心までほっこりしてくるような光景が浮かびます
物語を感ずる素敵な写真ですね、ijinさんの気持ちが写り込んでいるようです。
  1. 2013/10/24(木) 19:15:01 |
  2. URL |
  3. チャメ婆 #-
  4. [ 編集 ]

今晩は、

冬に備えて、かなりの量の薪を用意するのでしょうね。
長い木を短く切るのは電動ノコギリのようですから、
比較的楽でしょうが、
割る作業は大変ですね。
斧を振り下ろして、
スパーッと割れたら気分いいでしょうが、
太いのは簡単に割れそうありません。
  1. 2013/10/24(木) 21:32:04 |
  2. URL |
  3. capucino #ksvI4Nok
  4. [ 編集 ]

金婚式おめでとうございます

10月13日に熱海、14日には修善寺に息子さん達といらっしゃったのですね、
50年連れ添ったご夫妻、思いやりと優しさ、素敵な歳を重ねてこられたのでしょう、おめでとうございます、
親孝行のお幸せな楽しい旅の熱海は私の郷、修善寺はお隣、嬉しくなりました
益々お元気でお幸せな親孝行の旅を、毎年毎年重ねられますように。
  1. 2013/10/24(木) 21:32:35 |
  2. URL |
  3. チャメ婆 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

夏の8月から 冬の暖をとる薪の準備は 始まるのですね!
薪割り 難しそう...私でも上手く割れるかなぁ!
子供のころは 薪で五右衛門風呂を沸かし、煮炊きも薪でしたが、
沖縄の那覇では、やんばるから送られた薪を買うので、
自身で割ることもなかったのです。
  1. 2013/10/24(木) 22:14:34 |
  2. URL |
  3. ノリーダヨ #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい光景ですねぇ...~~
伐採したり倒れたりした材木や粗朶の類までを、日常の生活の中で全て無駄なく有効に使って、山や林の中を綺麗に健康的にととのえてもいましたね...
斧を使ってまでは私はしていませんが、鉈で細かく割った想い出はあります。精神集中して、うまく割れることを願いながら一生懸命手伝った幼い日を想い出します。
薪事態が、本当に芸術品のようにうつくしいですね~~
焚き初めは消え入りそうになりながら...やがて赤く燃え上がる姿も美しいですね...~残った灰の色や姿も...片付けという仕事が待っていますが、趣があります...

考えてみると、食べ物以外にも、多くの命に助けられながら、生きていることに気づかされます。
身近にそれを感じられたからこそ感謝する気持ちも強かったのでしょうか...
自然の中の一員であることを改めて教えられているような...後戻りは難しいですが子ども達にも大事なことは伝えて行きたいですね...~~
  1. 2013/10/25(金) 05:56:42 |
  2. URL |
  3. ざしきわらし #6k3Tfva.
  4. [ 編集 ]

臨場感

お早うございま~す!
何気ない日常の一こまを 
何気なく撮られているようですが 
その場の臨場感が伝わりますね
赤い服のお嬢さんのへっぴり腰が笑えます
山の中の澄んだ空気さえ伝える
写真技術 凄いなー!と拝見しました


  1. 2013/10/25(金) 08:02:37 |
  2. URL |
  3. 桜の親父 #-
  4. [ 編集 ]

漸く秋めいてきました

冬のための準備は計画的に行わないと、手遅れになってしまいますね。でも、この薪割りは、木が太いので、結構大変そうですねえ。

冬には暖炉の周りを囲んで楽しい語らいの場が出来ることでしょうね。
  1. 2013/10/25(金) 14:58:20 |
  2. URL |
  3. AzTak #xZCYq0Xc
  4. [ 編集 ]

八千穂高原! 懐かしい~です。
う~ん 15年くらい前になるかなぁ
白樺の木々とむせ返るような緑の匂い、そして、
眩いばかりの光の中を歩きましたが吹く風は爽やかで優しかった。。。
一枚目のお写真を拝見してあの夏の一日が思い出されます。
八千穂高原のお写真を載せていただき有難うございます。
私も八千穂高原大好きですよ。
  1. 2013/10/25(金) 18:08:46 |
  2. URL |
  3. さち #-
  4. [ 編集 ]

Re: ijinさん

> 一枚目のお写真
>
> 緑の濃淡の中にある光
> それが都会の盛夏の輝きとは異なることがよく理解に及びます
> 柔らかな光の中
> 薪がまるで森林の中のオブジェのように存在しているようです
> 薪は実用性のあるものであるのに
> 何故か 自然の中にあってそれは芸術性をおびています
> 薪の大小
> 薪の長短
> それらの薪の積み方までもが素敵です
> 実用性にあるものが 芸術品のごとく見えること
> 信州八千穂高原の自然のなせる技かと思えます

香月 りら さん  今日は。。

ここは標高1700M。木陰は22度。日が当たる場所25度未満です。
お盆の頃家族連れが多く泊まって、お父さんが家族に父親の貫録を示しました。

あとはこれだけで、夏の作業は終了です。
長野県の山の70%位はカラ松と言われています。
建材としては弱いそうで、その分野では役立たず。
しかし、カラ松の林は白樺に劣らず綺麗です。

私には評価されないカラ松の薪材。
りらさんには細かく見て頂いたコメントを頂き、私の眼も少し開きました。

今頃は薪置き場にしまわれて、冬のお客を待っているでしょう。

ご訪問と貴重なコメントを有難うございました。 
  1. 2013/10/25(金) 18:10:55 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは。

> 薪割り、懐かしいような微笑ましい写真ですね、
> 信州の高原のペンションの暖炉で赤々と燃える薪、心までほっこりしてくるような光景が浮かびます
> 物語を感ずる素敵な写真ですね、ijinさんの気持ちが写り込んでいるようです。


チャメ婆 さん   今晩は。

私は暖かい備前岡山瀬戸内で育ちましたから、山小屋や暖炉は物語の世界位に思っていました。

ここ、八千穂高原の雪質が良くて、此処を特定してやってくるスキーヤーが多いそうです。
おもてなしを暖炉の火でもとペンションオーナーは毎年、薪を十分に用意するそうです。

私たちが往く夏は暖炉の前に椅子が置いてあったり、注意する人はいませんが、冬にはこの前に多くが集まり、
団欒の場所になるのでしょう。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/25(金) 19:33:06 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: 今晩は、

> 冬に備えて、かなりの量の薪を用意するのでしょうね。
> 長い木を短く切るのは電動ノコギリのようですから、
> 比較的楽でしょうが、
> 割る作業は大変ですね。
> 斧を振り下ろして、
> スパーッと割れたら気分いいでしょうが、
> 太いのは簡単に割れそうありません。

capucino さん  今晩は。

私が仮に普通の元気度で有ったとしても、この斧は扱えないでしょう。
腕の力もさることながら、振り上げたときの腰の安定が悪いと、真直ぐには斧が下りずに、
丸太に当たれば、縦方向の力は分散し、斧の刃は丸太を削ぐ程度で、失敗です。

> スパーッと割れたら気分いいでしょうが、
> 太いのは簡単に割れそうありません。

仰る通りです。
太いのは湿り気が多いのは、1回で割れるとは限りません。

これを請け負うアルバイトもいないようです。

ご訪問とコメントを有難うございました。。
  1. 2013/10/25(金) 19:41:43 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: 金婚式おめでとうございます

> 10月13日に熱海、14日には修善寺に息子さん達といらっしゃったのですね、
> 50年連れ添ったご夫妻、思いやりと優しさ、素敵な歳を重ねてこられたのでしょう、おめでとうございます、
> 親孝行のお幸せな楽しい旅の熱海は私の郷、修善寺はお隣、嬉しくなりました
> 益々お元気でお幸せな親孝行の旅を、毎年毎年重ねられますように。

チャメ婆 さん  今晩は。

私の書き方が誤解を生みました。

正しくは、今年は14日が先に出した御射鹿池のある蓼科。13日は軽井沢に宿泊しました。
今を去る50年前の13日に熱海、14日は修善寺でした。
いずれにしても、チャメ婆 さまとは縁を感じます。
これからも宜しくお願い致します。
  1. 2013/10/25(金) 19:47:06 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

娘さんは苦戦されているようですね。
剣士のお父さんの刃はさすがに真っ直ぐ立っていますが、結果はどうだったんでしょう。
見ている人たちの笑顔から楽しさが伝わってきて、思わずこちらも微笑んでしまいました。
  1. 2013/10/25(金) 19:48:15 |
  2. URL |
  3. hshn #Z3orHX/M
  4. [ 編集 ]

Re: こんばんは

> 夏の8月から 冬の暖をとる薪の準備は 始まるのですね!
> 薪割り 難しそう...私でも上手く割れるかなぁ!
> 子供のころは 薪で五右衛門風呂を沸かし、煮炊きも薪でしたが、
> 沖縄の那覇では、やんばるから送られた薪を買うので、
> 自身で割ることもなかったのです。

ノリーダヨ さん  今日は。。

私も経験がありません。
瀬戸内の浜辺に漂着する木材や、裏山の灌木を切っておいて乾燥させて燃料にしました。
ここは商業としての宿泊施設。炊事と暖房にに必要な材料は中途半端では間に合いません。

ペンションの経営は思ったより過酷です。加齢すれば尚更でです。
相方が病などで倒れれば、ギブアップで閉店や食事は朝食のみ提供のペンションも目につきます。

この薪割りはその一部。オーナーは独身。私は同情の気持ちもあって、此処を必ず利用しています。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/25(金) 19:59:56 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 懐かしい光景ですねぇ...~~
> 伐採したり倒れたりした材木や粗朶の類までを、日常の生活の中で全て無駄なく有効に使って、山や林の中を綺麗に健康的にととのえてもいましたね...
> 斧を使ってまでは私はしていませんが、鉈で細かく割った想い出はあります。精神集中して、うまく割れることを願いながら一生懸命手伝った幼い日を想い出します。
> 薪事態が、本当に芸術品のようにうつくしいですね~~
> 焚き初めは消え入りそうになりながら...やがて赤く燃え上がる姿も美しいですね...~残った灰の色や姿も...片付けという仕事が待っていますが、趣があります...
>
> 考えてみると、食べ物以外にも、多くの命に助けられながら、生きていることに気づかされます。
> 身近にそれを感じられたからこそ感謝する気持ちも強かったのでしょうか...
> 自然の中の一員であることを改めて教えられているような...後戻りは難しいですが子ども達にも大事なことは伝えて行きたいですね...~~


ざしきわらし さん 今晩は。

今夜から明日にかけて、千葉県は大雨が降るそうですが、準備はできて居りますか。
私の住いは高台で心配はいらないのですが。。。

私の育った備前岡山は瀬戸内。浜辺の小さな土地を残して、背に山が迫っていました。
小さな山で、灌木の類の樹しか生えていませんでした。

浜辺に漂着する木片や裏山の灌木を刈っておいて乾燥させて、燃料としました。

さきに頂きました幼い日の想いでも含めて、ざしきわらしさんの筆にかかれば、お姫さまの書かれた文に変わってしまいます。

>考えてみると、食べ物以外にも、多くの命に助けられながら、生きていることに気づかされます。<

ざしきわらしさんのお子様が優しいのは当然です。
これからも、大事にされて、元気にお過ごしください。この冬を越せば、春の息吹で然り蘇生されるでしょう。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/25(金) 20:18:12 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: 臨場感

> お早うございま~す!
> 何気ない日常の一こまを 
> 何気なく撮られているようですが 
> その場の臨場感が伝わりますね
> 赤い服のお嬢さんのへっぴり腰が笑えます
> 山の中の澄んだ空気さえ伝える
> 写真技術 凄いなー!と拝見しました

桜の親父さん   今日は。。

散歩ができないので、ペンション付近にトリカブトの花が咲くころだと思いだして、
ペンしょうン横の広場に来ました。
この風景が静かな空気を揺す振って、斧の丸太をたたく音が急がぬ間隔で響いていました。
日陰のおんで22度。日のサス場所も25度未満。

お嬢さんは汗ばんでいましたが、手拭いは使わない。
見なれない寸劇を見る気分で、写真を数枚撮りました。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/25(金) 21:20:51 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: 漸く秋めいてきました

> 冬のための準備は計画的に行わないと、手遅れになってしまいますね。でも、この薪割りは、木が太いので、結構大変そうですねえ。
>
> 冬には暖炉の周りを囲んで楽しい語らいの場が出来ることでしょうね。

AzTak さん  今晩は。

薪割りはこれでも半分くらいは終えています。
お盆の頃にやってきたお客は家族連れが多く、お父さんが父親の貫録を子供たちに見せました。
パパ凄い!滅多に得られぬ尊敬を得ました。

残りはペンションオーナーの仕事。雪が降るまで続くでしょう。
独身オーナーは料理、ベッドメーキング、掃除、買い出し。それに薪割のような不定期な仕事もあります。
加齢すれば、体に応えますね。

疲れていても冬、スキー客の面倒、子供の相手。
暖炉の周りで談笑も楽ではないと思います。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/25(金) 21:30:12 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 八千穂高原! 懐かしい~です。
> う~ん 15年くらい前になるかなぁ
> 白樺の木々とむせ返るような緑の匂い、そして、
> 眩いばかりの光の中を歩きましたが吹く風は爽やかで優しかった。。。
> 一枚目のお写真を拝見してあの夏の一日が思い出されます。
> 八千穂高原のお写真を載せていただき有難うございます。
> 私も八千穂高原大好きですよ。

さち さん   今日は。

さち さんは15年も前から八千穂高原を御存じなのですね。
考えてみれば、埼玉からは一番近いアルプスの麓、20年前からでも不思議ではありません。

私は北海道の夏を平成11年から3年。開胸手術。5年静粛。その後が八千穂高原です。今年の夏で5年目。
130日の夏を過ごしました。来年も行きたいのですが。。。

今も白樺の群生日本一と宣伝しています。
お時間できましたら、またお越しください。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/26(土) 09:02:53 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

巻き割り、もう長年見た事のない懐かしい光景です。
東北や北海道では今でも日常的なことなんでしょうか?
お写真を見ても何だか大変そう!
冬の準備も大変でしょうね。
静かで素敵なところですが、もしずっと住むとなったら
私、住めるかしら?って思ってしまいました。

☆いつも写真を見てくださり、コメントを有難うございます。
 そろそろコメント欄を開けなくてはと思っているのですが
 忙しすぎて躊躇してしまいます。
  1. 2013/10/26(土) 10:06:26 |
  2. URL |
  3. nana♡ #gg06ppQg
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

薪割り、子どもの頃は、薪でお風呂をたいていましたので、昔見た記憶はあります。
今は街中で薪割りを見ることもないですね。
割るのはとても難しそうです。
でも薪の暖炉は暖かいでしょうね!
  1. 2013/10/26(土) 14:39:37 |
  2. URL |
  3. 静 #-
  4. [ 編集 ]

薪割りは40半ば過ぎた今でもやったことがありませんです。
腰が大切なことが美大生さんの腰の入り方から見て取れます。
  1. 2013/10/26(土) 15:45:24 |
  2. URL |
  3. 凪々 #MDMkRtpI
  4. [ 編集 ]

履歴があったのでみてみました
おひさしぶりです
お元気でお過ごしでしょうか?

素晴らしい写真みせていただきましたよ
御射鹿池 わたしの行きたいところです
なかなかいけませんが いつか行ってみたいです

ひとり息子さんがつれていってくださるのですね
親孝行な息子さんですね

これからもお体元気に すてきな写真を撮ってくださいね
応援して帰ります
  1. 2013/10/26(土) 23:51:36 |
  2. URL |
  3. maman #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 巻き割り、もう長年見た事のない懐かしい光景です。
> 東北や北海道では今でも日常的なことなんでしょうか?
> お写真を見ても何だか大変そう!
> 冬の準備も大変でしょうね。
> 静かで素敵なところですが、もしずっと住むとなったら
> 私、住めるかしら?って思ってしまいました。
>
> ☆いつも写真を見てくださり、コメントを有難うございます。
>  そろそろコメント欄を開けなくてはと思っているのですが
>  忙しすぎて躊躇してしまいます。

nana♡ さん  今日は。

薪が燃料としての役目は、日本ではもう終えているのでしょう。
ここは、スキー客の宿泊施設。
暖炉に薪をくべて断を取る。これもレトロの気分のサービスとも言えます。
それに、この辺りは石油を燃やして、燃料としています。
広い面積のペンションを温めるには、少しでも経済的でありたいとペンションオーナーは考えていると思います。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/27(日) 11:16:57 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こんにちは。
>
> 薪割り、子どもの頃は、薪でお風呂をたいていましたので、昔見た記憶はあります。
> 今は街中で薪割りを見ることもないですね。
> 割るのはとても難しそうです。
> でも薪の暖炉は暖かいでしょうね!

静 さん  今日は。

今は薪は燃料としての役目を終えているのでしょう。
過疎の私の故郷すら、ボンベに詰めたLPガスを使っています。
薪割り大変難しいです。

薪割りは御客への野外運動の提供でもあります。
若いお父さんがこの仕事で力を見せて、存在感を見せるとか。。
夏休みの日記には最適の材料です。
それの、冬のお客にはレトロの暖炉を見せることができます。

わたしはふゆには宿泊していませんが、1度は行ってみたいと思っています。
ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/27(日) 11:24:06 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 薪割りは40半ば過ぎた今でもやったことがありませんです。
> 腰が大切なことが美大生さんの腰の入り方から見て取れます。

凪々 さん   今日は。

腰や腕が少しでもぶれれば、斧の刃が真直ぐ上から丸太に入りません。
結構、斧重いですからね。

お嬢さん結構頑張りました。
初心者は斧と一緒に腰を落とす方が確率が好いのです。

ご訪問とコメントを有難うございました。
  1. 2013/10/27(日) 11:28:33 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 履歴があったのでみてみました
> おひさしぶりです
> お元気でお過ごしでしょうか?
>
> 素晴らしい写真みせていただきましたよ
> 御射鹿池 わたしの行きたいところです
> なかなかいけませんが いつか行ってみたいです>
> ひとり息子さんがつれていってくださるのですね
> 親孝行な息子さんですね
>
> これからもお体元気に すてきな写真を撮ってくださいね
> 応援して帰ります

mamanさん   今日は。。

夏休みしたり、体調を損ねたりして、3か月以上休んでいました。
今もリハビリのようなブログ対応です。

過年度の写真に助けられています。
コスモスも、今年は今日現在撮っていません。

御射鹿池は6月から7月はじめ頃、日が差す前の時間がベストでしょう。
「緑響く」を意識するなら・・・。

ご訪問とコメント・応援を有難うございました。
  1. 2013/10/27(日) 11:35:35 |
  2. URL |
  3. ijin #IHYTt4DU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ijin7wth2.blog58.fc2.com/tb.php/496-df431100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

ijin

Author:ijin
1933年大阪市生。1958年以降首都圏で生活。現在八王子市在住。
1995年退職。
写真撮影が唯一の趣味。
付随してパソコンや旅行も少々。
2002年大きく体調を崩し、
近隣が主なフィールドで、
無理のない条件で楽しんでいる。
カメラはCanon EOS-60D。
散歩には重く感じるようになったので、2014年M2を調達。
まだ、使いこなせない。

ホームページ:ijinの写真日記

2009年7月以前の記事:年寄りの想い

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

長池公園 (67)
神代植物公園 (24)
薬師池公園 (30)
昭和記念公園 (55)
東京薬科大学薬草園 (30)
公園めぐり (66)
散歩の風景 (87)
いつもと違った散歩道 (39)
お寺・神社の風景 (14)
アンジェ (16)
旅先で (72)
動物、鳥、昆虫 (45)
イヴェント (4)
室内 (13)
その他 (19)

最新コメント

最新トラックバック

よくお伺いするブログ

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

FC2カウンター

Lovelogからの継続編集

信州でお世話になるペンション

北八ヶ岳八千穂高原
banner001.gif

白馬村八方山麓
logo03.gif

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。